シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

自転車パンク修理のやり方を簡単に!費用と時間を紹介!

毎日暑い日が続きますね!暑さに負けてブログ更新が疎かになりました。

実は、PCの処エアコンが付いていないのです。(〃ノωノ)

今回は、定番の自転車パンク修理について書きたいと思います。

スポンサーリンク

先ずパンクは、なぜ起こるのか!

  1. 釘などを踏んで起こる
  2. タイヤの空気圧が低くて起こる
  3. 段差を乗り上げる時にスピードが速すぎて起こる

(蛇から噛まれたような感じで、平行に穴が2つ開きます)

  1. 虫ゴムが不良で空気が抜ける
  2. タイヤが摩耗している。

今回は、1~4についてお話したいと思います。

5については、タイヤ交換になりますので、専門的な知識が必要になり

危険が伴いますので、昔から餅は、餅屋の言葉道理、自転車修理屋さんに

お任せしたいと考えています。

チューブの脱着から始めます。

  1. タイヤの空気入れのトップナットを外します。
  2. 次に、プランジャーを外します。
  3. スパナなどでバルブ固定ネジを外します。
  4. タイヤとリムの間にタイヤレバーを差し込み、手この要領でタイヤを手前に起こします。この時、タイヤレバーの反対側のタイヤを摘まんでタイヤをリムの中に落とすと    タイヤレバーが簡単に引き起こせます。
  1. タイヤが引き起こせたら、タイヤレバーのフックをスポークに引かけます。
  2. 2本目のタイヤレバーを、約15㎝離し前回と同じ作業をします。
  3. 1本目のタイヤレバーを外し、15㎝離して同じ作業をします。
  4. これで、タイヤはリムから片方だけ外れます。

リャータイヤは、チエーンのかかっていない方を外します。

  1. タイヤのリムが外れたら、バルブをリムから外しチューブを引っ張り出します。
  2. バルブに先ほどのプランジャーと、トップナットを着けて空気入れで

空気を入れて膨らませる。入れすぎるとバーストするのでタイヤの大きさ位まで       膨らませる。ここで空気漏れがひどかったら直ぐにパンク箇所が判ります。

  1. わからない場合は、水を張った容器きにタイヤを浸けて空気漏れを点検

容器は台所の食器の水切り受け皿が使い安くていいですね。薄いタイプ

  1. チューブの両端を持って約30㎝水に浸けます。チューブを前後に転がしてチューブの下の穴まで点検します。空気の漏れは、ありません。
  2. 次に場所に移動して又点検をします。その時、前点検した水の跡の付いた処も少し残して水の中に沈めます。見落としがないようにする為です。
  3. 空気漏れの位置が判ったら、忘れないようウエス(ぼろ布)で拭いて空気を抜きサンドペーパーでざらざらにしてパッチが付きやすいようにします。

パッチより大きめに擦りましょう。

  1. サンドペーパーかす、水気、油分がないようにします。もし脂分が付いたらアルコールで、拭き取りましょう。
  2. ゴム糊を広く薄く塗り付けましょう。2~5分ゴム糊が乾いたらパッチの

透明フィルム引っ張るとパッチがアルミ箔より剥がれます。

  1. パッチを穴の中心にして張り平たい鉄板の上なので、軽くハンマーで10回位叩いたら終わりです。
  2. 念のために、再度、修理した処が、空気が漏れていないか、水に浸けて

点検をお願いします。

  1. 次にタイヤの内側を点検します。触って釘が刺さってないか点検します。

怪我をしないよう注意しましょう。

チューブをタイヤに入れます。

  1. 先ずはバルブ先に入れ、固定ナットを2~3回、回して止めバルブある方からタイヤを入れていきます。入れる前にチューブがタイヤの中でよじれていないかを点検もします。 初めは、手で押し込んでいけば、タイヤはリムに入っていきます。最後の処だけ    タイヤレバーは、必要かもしれません。

最後の処、無理に入れようとすると、入れた処が、

外れていきますので、その場所の反対側のタイヤをリムの内側に

落とし込んで、外れていく方を手で押さえ、タイヤレバーで入れてください。       チューブを挟み込まないように注意をお願いします。

21.空気を入れる前に虫ゴムを点検、交換、虫ゴムは水につけると直ぐに入ります。

22.空気を軽く入れ、タイヤの周りをたたいて、タイヤをリムになじませます。

23.最終的に空気を入れて完成です。お疲れさまでした。

使った材料

DAISO

パンク修理セット 100円

食器水切り受け皿 100円

空気入れ     200円

チューブの点検し難いのであれば、自転車を逆さにしてハンドルを下に

した方が、作業がやりやすいかもしれません。

長くなりましたが、覚えると30分かからずにできますので挑戦したらいかかでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)