シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

デカフェとは何?妊婦がコーヒーや緑茶、紅茶も飲めるのか!

妊娠中でも好きな味で癒されたい!
話題のデカフェについてわかりやすくご紹介します!

デカフェとは何?

妊婦がコーヒーや緑茶、紅茶も飲めるのか!?

妊娠中や授乳中は、思うようにならない体調に不安も多いですよね。

あれはダメ、これもダメと制限が多く、ストレスは溜まるばかりです。

ここではデカフェについてさくっと要点だけまとめます!

これを読んで安心して、流行のデカフェでほっと一息してみませんか?

スポンサーリンク

デカフェとは?

デカフェとは何でしょうか?
調べるとこのように

デカフェとは…
普通はカフェイン入りのものからカフェインを取り除いた飲み物

ノンカフェイン、カフェインレスとの違いは?

ノンカフェイン…
カフェインが含まれていない 。
カフェインレス…
カフェインがごく少量含まれている。

つまり、
デカフェ=ノンカフェインではなく、
デカフェ=カフェインレスの考え方が
正解です。

デカフェの規定

・ヨーロッパでは、
約99%以上カフェインを除去しないとデカフェと呼べない。

・日本は
カフェインレス=カフェイン90%以上除去が規定。
デカフェの名称は規定なし!

・カフェイン除去の製法によって残量や味が変わる。

つまり、極端に言えばデカフェという呼び名は自由に使えてしまうので、カフェインレスかどうかに注意が必要です!

デカフェの種類

コーヒー、コーラ、紅茶、緑茶、ほうじ茶など通常カフェインが入っているものはだいたいカフェインレス商品が存在します。

一番種類が豊富なのはコーヒー!

・デカフェ豆は市販されています。

・スターバックスなどのカフェでもデカフェを注文できます!
ただしメニューに制限はあります。

デカフェの作り方は?

代表的なコーヒーでカフェイン除去の製造方法をざっくり簡単に説明します!
方法は3種類です。

有機溶剤でカフェイン除去

・コーヒー豆を直接薬品に
漬けてカフェインを除去。

・薬品の残留が懸念。

・日本ではこの製法の製品は輸入、販売は禁止なのでご安心ください!

有機溶剤と水でカフェイン除去

・水で豆から成分を抽出し、成分のみを有機溶剤でカフェイン除去。
成分から薬品を除去して豆に成分を戻す。

・薬品は間接的な利用なので水抽出などと表現されることが多いです。

・長時間水に漬ける為、風味や味の低下が発生。最近はその点も改善され味の良いものも出ています。

二酸化炭素でカフェイン除去

・気圧や温度などで特殊条件を満たし超臨界状態の二酸化炭素を作り、その二酸化炭素でカフェインを除去。

・害の少ない二酸化炭素を利用しているので安心です。

・豆の品質が落ちないので味や風味が維持されます。

・「超臨界二酸化炭素抽出法」など二酸化炭素と書かれた表示になっています。

一番のオススメは二酸化炭素の製法です!

安心な上に味や風味の劣化が少ないので、最近はこの製法が主流になってきています。

▼カフェインと妊婦の関係

YOU86_ninpusan_TP_V

カフェインは、流産や早産などの原因になると考えられています。

その理由は、
・尿に排出されるカルシウムの量を増やす

・鉄分吸収の妨げになる

・大量摂取により胎児にカフェインが送られると器官が未熟な胎児の大きな負担になる。

以上のことからカフェインの摂取は控えるようにと言われています。

妊婦でもコーヒーや緑茶、紅茶が飲めるのか?

一切摂取するな!

と言っているわけではありません。基本的には、1日100mg以下なら問題ないと言われています。

逆に言えば、カフェインレスでも大量に飲んでしまえば100mgを超えてしまうかもしれないということです。

相当な量ですが……。

・通常のコーヒー:150mℓ(100mg)

・99%カフェイン除去コーヒー:150mℓ(1mg)

100mgを超えるには、

15,000mℓつまり15ℓ……
1日では無理です!

10%のカフェイン除去でも1.5ℓ、ほっと一息程度なら全く問題ないことがおわかり頂けましたか?

以上の理由から妊婦や授乳中でも安心して飲める飲み物なのです!

まとめ

妊娠・出産は人生の大イベントです!

とてつもなく大変で嫌になることもあるかもしれません。

しかし、せっかくですから楽しみながら乗り越えたいですよね!

正しい知識とちょっとの勇気でもっとできることが増えるはずです。(´∀`*)

ママが笑顔だと赤ちゃんもきっと嬉しいはず。

たまにはママの笑顔の為に、ほっと一息美味しいコーヒーでもいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)