シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ZUMBAとは何?ウェア(服装)や体験会の感想をしてみた!

スポンサーリンク

ZUMBAの紹介

5年以前より、ZUMBAと言う、曲に合わせて体を動かすダンス

が、あると知っていました。

この度、知人の紹介で、体験入会をしました経験をお伝えしたいと

思います。

今、世間では、次第に認知されていますが、人に尋ねても知らない人が、多いダンスです。

ZUMBAとは、

ズンバ (ZUMBA)とは、コロンビアのダンサー兼振り付け師であるアルベルト・”ベト”・ペレズによって創作されたフィットネス・プログラムの名称である。

主にラテン音楽 (クンビア、サルサ、メレンゲ、マンボ、チャチャ、レゲトン、ソカ、サンバ、アシェ,ミロンガ)などによってエクササイズが行われるが、これにヒップホップ やフラメンコ、タンゴ、ベリーダンス、ボリウッド (インド舞踊)などが加わる。さらに2016年からは JPOPが追加された。エアロビクスなどのその他のフィットネス、エクササイズプログラムに比べて、ダンスステップを基本としており、クラブなどでの「実用性」にも富み、それが昨今の人気に繋がっていると見る向きもある。 ズンバは、コロンビアで使用されるスペイン語では「早い動きで楽しむ(お祭り騒ぎ・バカ騒ぎ)」を意味している。

体験教室

先生も気さくな方で、直ぐに打ち解けて、ZUMBAの名前は、

知っていたものの、一寸、不安が横切りました。

曲がかかりましたら、サルサなどをしていたせいか、不安は

吹き飛び、先生の真似をして、動きます。

初めは、緩い曲から始まり、次第にテンポの速い曲に、

曲が終わると、直ぐに体が水を、欲しがります。

然し、きつくてもう動けないと言う状態には、なりません。

1時間のレッスンですが、曲と曲の合間が休憩時間、

絶え間なく曲が続き、踊り続けます。

体中から、汗がほとばしります。

若い方は、体を使い大きく踊り、年配の方は、自分に合わせて

体を動かします。小学生から、60歳位まで幅広く和気藹藹です。

踊り終えたら、ハイタッチして回り、今日のストレスは、

汗となって、飛び散ってしまいます。

教室の行と帰りはZUMBAの曲を聴きながら、ルンルンで帰路に

着きます。

服装

上はTシャツ、下はジャージ、上履きは運動靴、タオル、

ペットボトル持参

お店に、行くとZUMBAの衣装は、ありますが、衣装は派手ですので、初めての方は、抵抗あるかも、慣れれば、様になります。

然しながら、明るい服装でお出かけください。

最後に

ZUMBAは、今、熱いダンスです。クラブでも、曲に合わせて

踊ることがあります。あなたの生活の一部になると考えます。

不安な方はYou Tube で観てください。

ZUMBAの曲はドライブ中には、必ず聴きます。

2ヵ月間の体験入学でした。何時か何処かでお会いしましょう。

あなたの近くに、教室は、あります。実際の教室の方が

愉しいです。

終わります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)