シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

インターホーン取り付け方方法!自分でDIYする工事費用!

インターホーンをTVモニター付きドアホーンに交換

今まで使っていた、インターホーンカメラが付いていないので、来訪者があると、

不安で仕方がありませんでした。声だけでは、良く判りません。

機種選定

1、カメラ付きでであること

2、録画機能がある事(静止画像は除く)

3、現在のインターホーンの処に着くこと

4、安価な事(13000円位)

これ位でしょうか?で私の選んだ機種はPanasonic VL-MV36に決定しました。

現在、この機種は、販売されていません。

取り付け

室内器の取り外し、手にもって、上に持ち上げると壁から簡単に外れます。

壁内にコンセントが入っていましたので、これを外します。

これで、100Vが、インターホーンに流れなくなりました。安全です。

そして、室内器と室外器の配線を外します。

大事なことはこの配線は、取り付けられない場合は、別として絶対きらないことです。

これを、取り換え機種に使います。

外側の取り外しですが、大体、プラスネジが、カバーで隠れています。

これを、マイナスドライバーでこねて外します。そして、配線を外します。

室外器取り付けアタッチメントを外し新しいのに取り換えします

そして、カメラの方向を調整し

室外器に配線を取り付けアタッチメントに室外器を固定します。

後は、室内器も同じです。

機種選定を間違えなければ、簡単に作業は、終わります。

取り付けた感想

昼間、家を留守にしていると、来訪者が、ビデオに残ります。

夜間は、ライトがついて、来訪者判ります。

モニター機能が付いてまして、外の様子も覗えます。

随分、気分が落ち着き来訪者を、事前に掌握できます。

後記

新しい、色々便利な機能が加わった録画機能付きがあります。

ドアに付けて画像をスマホで観るタイプ、無線で、飛ばすワイヤレス

スマホ連動で、何時でも自宅の様子を、見れるものもあります。

どれを選ぶかは、皆さん色々と考えて取り付けされたら良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)