シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

少食健康法の効能(効果)!便秘になった時の解消法は?

「小食は○○に良い!!」「成功者は小食が多い」など
最近では小食という言葉をよく目にしますよね!

結局、食べる量を減らすのだからダイエットじゃん!
と思ってしまう私…。

調べてみるとどうやらちょっと違うみたいなので、今回は小食について
色々とご紹介したいと思います!!

食欲の秋に残酷なテーマですが、ぜひお付き合いくださいね(´∀`*)

スポンサーリンク

少食とは

「小食」という言葉の意味は、1食の量が通常より少ない状態を指します。
う~ん。ふわっとしていますね(;´∀`)

実際、どのくらいの量が小食に当たるのか調べて見ました!
とある方は、

朝:パン1枚・紅茶
昼:おにぎり1個
夜:ご飯1膳と納豆1パックとサラダ

衝撃です!!((((;゚Д゚))))
そして、更なる衝撃は、小食な方はこのくらいの量で満足(おなかいっぱい)になるそうです…。

色々調べて見ると、小食の方はあまり食に興味がない方が多いようですね。
食に興味がないという感覚がちょっと私には理解できないのですが…(;・∀・)

つまり、小食は
少量の食事でも満腹になり、満足感を得られる
ということになりますね。

ダイエットは、
食事の量に制限をかけ、摂取カロリーを抑える
ということですので、ダイエット中は空腹な時間が多いと思います。

少しの量で満足=小食
少しの量で我慢=ダイエット

小食とダイエットは似ているようで全然違いました!!

さらに、ダイエットで長期間食事を制限し続けた先、小食でも満足できるようになった
という声も見かけましたので、

小食は持って生まれた体質ではなく、努力で手に入れることができるようです!!

少食健康法の効能(効果)やデメリット

敢えて食事の量を減らすことで健康を維持しようとする方法を小食健康法と呼ぶそうです。
次に、小食健康法(小食)の効果について調べてみました!

一番大きなメリットは、体型と健康の維持です。

内臓にとって負担となる「消化」という行為を軽減することで、体の健康を維持する。
摂取カロリーを少なくすることで、消費カロリーとのバランスを取り、体型を維持する。

以前にもお話したように、小食になると睡眠の質が向上し、短い睡眠でも満足できるようになることもあるそうです。
小食が習慣づくと体にいろんな良い変化があるんですね(*´∀`*)

また、食事に割いていた時間と、食費が他のことに使えるという点もメリットですヽ(*´∀`)ノ

逆にデメリットは

・少ない食事量の中でバランスに気をつけないと栄養が不足してしまう。
・空腹がストレスになると、体に悪影響を及ぼす。
・徐々に体を慣らしていかないと体調を壊す危険がある。

など、体が慣れるまでが大変な道程のようですね(;Д;)
食事のバランスについては、どうしても難しいようならサプリメントなどの健康補助食品に助けて貰うのもいいかもしれません。

少食健康法で便秘になった時の解消法

食事の量が減ったり、バランスが悪くなると便秘の可能性が高くなります。
普通の生活でも辛いのが便秘です。

便秘の予防と対策について調べてみました!

少量の食事だと、ちゃんとした便を作ることができず便を押し出す運動を引き起こせないので
便秘になってしまうのが原因だと言われています。

そこで、便通を助ける寒天こんにゃくわかめ等の水溶性繊維を摂取するのがおすすめです!
野菜類のビタミンも大切なので、野菜も忘れずに摂取が必要です(*´∀`*)

また、水分適度な運動も便秘の解消に役立つようです( ´∀`)b

まとめ

小食で満足できる体は、本当に憧れます。
体に良くないのはわかってても、お腹いっぱい食べるのは幸せですよね(;・∀・)

小食まではできなくても、まずは腹八分目くらいは実戦してみようかと思いました!

小食健康法はなかなか険しい道ですが、極める価値はありそうですね(*´∀`*)
興味のある方はぜひ試してみてください( ´∀`)b

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)