シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

車 ハンドル切っても曲がらない

身近な存在、車を取り上げてみました。

車整備の方は、ご存知でしょうけど、これがないと車は曲がれないのです。

ハンドルを、右に回せば、右にまがるのではないかと思ってませんか?

古い車でも、今の最新型ハイブリットでも同じなのです。

それは、聴いた方もあるかと思いますが、デファレンシャルギャーなのです。

それは、FR(フロントエンジン、リャードライブ)簡単に言うと

前にエンジンがあり、後ろのタイヤを回して進む車のことです。

今では、タクシー(トヨタ、コンフォート)など、主に高級車に採用されています。

その他、大型トラックなど

車の後ろから覗いてタイヤとタイヤの調度大体真ん中に膨らんだと処があります。

FF(フロントエンジン、フロントドライブ)これは、前にエンジンが在って

前のタイヤを回して走るのです。小型車に多く採用されてます。

これは、ミッションの中に入っていて外からは観えません。

通常、デフと言います。これが在って右に、左に曲がれるのです。

観えないけど、縁の下の力持ちなのです。

私に、似てますね(笑)

でも、一つ困ったことが、それは、片輪が滑ると全く動力が伝わらないことです。

それを、改良したのが、ノンスリップデフです。レース車両、四輪駆動車、などに

ついております。詳しくご説明を、したいのですが、あまりに専門的になりますので

ここらへんで、とどめておきます。

何で曲がれないかの原因を、ご説明してませんでしたね。車の免許取った方は、自動車学校で

内輪差の説明が、あったかと思います。外側のタイヤと、内側のタイヤ回転数の違いを制御してるのです。

あと一つ、前輪タイヤの外側と、内側のタイヤは左右に切った時の角度は

同じではありません。内側のタイヤが角度が大きく切れてます。これも内輪差をカバー

してるのです。

二つ目、余談ですが、FFがこんなに増えたのは、室内が広くとれると言うことなんですが

車会社は解っていたのですが、ここにも又別の縁の下の力持ちが、いるのですよ!

それは、等速ジョイント(バーフィルドジョイント)これが機械加工できない為、開発が出来なかったのです。

それは、前輪タイヤの内側に直ぐに、蛇腹で、膨らんだドライブシャフトに付いてます。

興味が、あれば覗いてみてください。あくまでもエンジンの止まったパーキング入った車でお願いします。

PS 簡単な四輪駆動車(4WD)の注意点

四輪駆動と言っても、パートタイム、フルタイムの種類があります。

パートタイム(前輪と後輪にデフが付いています)主にジープと称されるもの

舗装道路での走行は、後輪または前輪だけ、エンジンからの動力が伝わり走行します。

未舗装、悪路,雪道などの時、センターミッションレーバーで、4WDして走行します。

舗装道路では、4WDにしない事、ハンドルを切ると曲がれません(センターデフなし)

最悪、車が止まって、動かなくなります。

フルタイム(前輪、センターミッション、後輪にデフが付いています)スバルなど

こちらは、舗装道路、悪路でもそのまま走行できます。

タイヤ交換注意点

4輪同時に新品タイヤを交換してください。一輪だけ交換は、デフを痛めたり、高速道路走行時、発火の原因になります。

FF,FRでも一輪だけの交換はお勧めできません。特にタイヤの減ってる時は、最低2輪、

デフの付いてる方に新品を着けましょう。

カール事、私、車関係にいましたので、簡単な事で、大事な先人の知恵をお伝えしました。

此方も、ご覧ください。http://arukucafe.net/1218.html

PS

カーズ DVD

カーズ2DVD

大変面白いです。私的には、カーズの方が楽しめます。古いのかな?

TAXI DVD 4作位あるみたいです。くれぐれもスピードは、控えめに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)