シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

口臭の原因と対策!確認方法と種類を調査!実は病気のサイン?

目に見えないし、自分ではわかりにくいからやっかいなのが臭いです。

そんな臭いの中でも、今回は口臭について色々と調べてみました( ・∀・)ノ

口臭がちょっと気になり始めた方もずっと悩んでいる方も一回基本から見直してみてください(*´∀`*)

スポンサーリンク

口臭の種類とその原因!

口臭には種類があり、それぞれに原因があります。

原因を知ることで解決に繋がるので自分の状況を当てはめて考えてみてください。

その1:誰でもある口臭

唾液の減少で口内細菌が増殖した時に発生。
朝起きた時や、緊張時などにも起きやすい。

その2:生活習慣による口臭

臭いの強い食べ物や、お酒、タバコなど
一時的なものが多い。

その3:口内の病気による口臭

歯周病や虫歯が原因で発生することが多い。
舌の上の白い沈着物も臭いの原因になる。

口臭の確認方法はあるの?

PAK93_eltubokunokuchikusasugi1111_TP_V

お金もかからず簡単なのはコップに息を溜めて確認する方法です。

気になった時にコップがあれば確認できるのですぐにチェックできますね。

ちょっとお金がかかりますが口臭チェッカーというアイテムを活用するのもおすすめです(´∀`*)

値段は様々ですが、2000円程度で手に入り、繰り返し使えるのでコスト的な負担はそこまでないかと思います。

数値で確認できるのでわかりやすく安心できますね!( ´∀`)b

口臭の対策のオススメ

ここでは、自分でできる口内環境の改善という点でお話させていただきます。

歯磨きや虫歯予防はもちろん重要です。

しかし、見落としやすいのは舌の白い付着物です。

これは、口内で死んだ細胞が舌に付着しているので白色は 腐敗している証拠です。

ケアの仕方は舌用のブラシで朝の歯磨き後に白い付着物を綺麗に落としてあげることです。

歯ブラシでそのままゴシゴシしてしまうと繊細な舌を傷つけて更なる病気の原因になる可能性もあるので、絶対ダメですよ!(;´∀`)

舌ブラシ」 と検索すると色々な種類があるので一度確認してみてください。

ドラッグストアでも手に入るのでかなりオススメです!

口臭は実は病気のサインかも!

口の中以外の病気の場合でも口臭に症状が現れることがあります。

口臭を消すことに注目するのではなくちゃんと原因も考えることで、病気に早く気づくきっかけにもなります。

臭いから推測できる病気の例をご紹介しますね。

肉の腐ったような臭い

呼吸器系、消化器系、耳鼻咽喉系の病気の可能性があります。

肺や食道、喉の奥などに病原があると、その影響で口臭に臭いが混ざる状況です。

アンモニア臭・魚の腐敗臭

肝機能・腎機能障害の
可能性があります。

アセトン臭

糖尿病の可能性があります。

その他にもありますが、代表的なものをご紹介させて頂きました(`・ω・´)

口臭は目に見えないので、気にする時間が長くなると口臭が無いのに臭いを感じてしまったり人と関わることが不安に思えてしまったりと心にも影響が出てしまいます

病気じゃないかもしれないけれど、病気じゃないことをちゃんと確認する。

まずはその気持ちで少しでも不安に思ったら、勇気を出して病院へ行きましょう!

もし、近場にあれば口臭外来もおすすめです。

口臭の専門家がしっかり調べてくれるのでずっと悩んでいる方は一度、検討してみてください(´∀`*)

まとめ

人と関わることがあるとどうしても自分の口臭は気になってしまうと思います。

ガムを噛んだり、スプレーをしたり臭いを消す方法を頑張るよりも

臭いの原因を見つけ退治してしまった方が手っ取り早く安心できますよ!

何も気にせずに会話を楽しめるように、勇気を出して口臭対策を始めて見ましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)