シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

観葉植物が枯れる!復活方法と室内で簡単に育つ植物は?

観葉植物はなぜ枯れる?
復活方法と育て方を解説!!
室内で簡単に育つ植物はあるの?

室内に癒しの緑を取り入れたいと思い、観葉植物を置いてみたものの、いつの間にか枯れてしまう……
なんてことないですか?

なぜ枯れてしまうのか、枯れないようにするコツと枯れた植物の復活方法を解説します!

お部屋の癒やしの空間にお役立てください( `・∀・´)ノ

スポンサーリンク

観葉植物がなぜ人気?

マンションやアパート住まいが一般的になり庭でガーデニングができない分、室内で緑を楽しむ観葉植物に人気が出て来ました(´∀`*)

水やりや管理も簡単なので、幅広い世代から愛され、観葉植物の種類も豊富になっています。

インテリアとして部屋のワンポイントにもなり、値段が手頃なものが多いのも人気の理由ですねヽ(*´∀`)ノ

観葉植物が枯れる原因

育て方が簡単なものが多い観葉植物ですが植物も生きているので、それなりに知識と管理は必要です( `・∀・´)

では、なぜ枯れてしまったのか。
その原因と対処法をご説明します!

その1:室内の環境

乾燥、高温、低温など極端な環境になってしまうと植物に負担がかかり枯れる原因になります。

冬場は時に注意が必要です。
朝晩の冷え込みと日中の暖房による乾燥で植物にダメージが蓄積されてしまいます(´Д⊂

部屋の環境に少し気をつけて、真夏や真冬だけでも寒暖差の少ない部屋に移動してあげるなど工夫が必要です。

その2:育て方や日々の管理

観葉植物が生きるのに必要なのは、水と日光と土、時々栄養剤です。

小学校の理科みたいですね(;´∀`)

日光に関しては当てすぎても足りなくてもダメなので、植物ごとに適した環境で日光に当ててください。

また、水のあげ方にも注意が必要です。
これも、水が多いと根が腐り、足りなければ萎れて枯れてしまいます。

育て方に関しては簡単な攻略方法があります。

それは買う前に調べることです(`・ω・´)ゞ

まず、どんな環境に置く予定なのか。

そして、鉢植えの大きさ、水あげの頻度や日光に当てる具合など事前に調べて無理のないものを購入すれば、買った後に負担になり、枯らせてしまうこともなくなりますよ( ´∀`)b

その3:カビや病気、害虫

土がカビたり、害虫や病気などが原因で枯れる可能性もあります。

この場合は環境に気をつけながら、水やりの際に土や葉をちょっとでもチェックしてあげてください(*´∀`*)

変化に早く気づければ枯れる前に対処して植物を守ることができます。

観葉植物が枯れてから復活する方法は?

PPP_seiketukannoarutairu_TP_V

気をつけていたのに枯れてしまった場合、諦める前にちょっと試して欲しいことがあります。

簡単に言えばダメになってしまった部分を切り落として、元気な部分を復活させる方法です。

日に当てすぎて葉がダメになってしまったのであれば葉を落として日陰で様子を見てください。

新芽が出ればまだまだ元気な証拠です!

根が腐ってしまったのであれば、腐って黒くなった根を落として植え替えてみてください。

新しい土に変えるのも有効な場合があります。

そして、優しく様子を見守りながら、今までよりも少し気をつけて育ててあげてくださいね(´∀`*)

室内で簡単に育つ観葉植物の種類

①シェフレラ・アルボリコラ

寒さ、乾燥に強く、多少の日陰でも
大丈夫というかなり生命力の強い植物です。

②ガジュマル

幸福を呼ぶと有名なガジュマル。
寒さや日陰に強い植物でもあります。

③モンステラ・デリシオーサ

かなり強い植物で、初心者向きです。
成長速度が速いので思ったより
大きくなるので注意です。

まとめ

私も小さな頃、サボテンを枯らしたことがあり、その時にサボテンも水が必要なことを知りました(;´∀`)

簡単だけど、ちゃんとした知識が必要なのが観葉植物です。

植物も生き物なので、生き物を育てる責任感を持って育ててあげてくださいね。

ネットで検索すれば植物ごとにおすすめの育て方も載っているので、正しい知識で長く楽しめるように頑張ってください( `・∀・´)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)