シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サーキュレーターと扇風機の違い!正しい使い方や置き場所は?

サーキュレーターと扇風機の違いは何?
正しく使い方は?
より涼しくなる方法や置き場所ははこれだ!

エアコンと扇風機を併用すると効率良く涼しくなると良く聞きますよね。

しかし扇風機売り場には、名前や機能の違いが書かれたいろんな種類の扇風機らしきものが…(;・∀・)

結局、どれがいいかわからずに一番安いものを購入ってなっていませんか?

違いをちゃんと理解すれば売り場で悩むこともなくなりますよ(*´∀`*)

まだまだ暑い日は続きますので、ここで一回見直してみましょう!

スポンサーリンク

サーキュレーターとは

「サーキュレーター」という言葉の意味は空気・液体などを循環させる装置です。
扇風機のお洒落な呼び方という訳ではなく、扇風機とは全く別のものです。

扇風機とは

回転する羽根で、風を発生させる装置です。
うちわを自動化したようなものとイメージしてください。

サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーターと扇風機の違いについて気になっているかと思いますが、先ほど書かせてもらっている通り使う目的が違います(^^)

そちらについて詳細を説明させて頂きます。

目的の違い

サーキュレーター:
強い力で風を送り、空気を循環させる。

扇風機:
風を作り、人など目的の場所に風をあてる。

機能の違い

サーキュレーター:
一点集中で遠くまで強い風を送る。

扇風機:
首振り機能など、近くの広範囲に風を送る。

イメージの違い

サーキュレーター:
狭く強く遠くまで

扇風機
近く優しく広範囲に

2つの違いを何となく掴んで頂けましたか?

扇風機の海外版や、扇風機の英語表記だと思ってしまっている方も多いので、
全然違うことをまず知って頂ければと思います( ・∀・)ノ

扇風機は昔からあるので、使い方や目的は今更説明するまでもないかと思います。

今回は最近多くなってきたサーキュレーターについて、もう少し詳しく説明しますね!

サーキュレーターの使い方

違いの部分でも説明したように、サーキュレーターは一点集中で強い風を送ります。

私も一度、扇風機と間違えて買ってしまったことがあるのですが、サーキュレーターの風を直接浴びるとその部分だけが冷えます(;´∀`)

例えば、腕や、顔だけが冷たくなってしまうので、浴びる目的の風ではないですねヽ(;´Д`)ノ

サーキュレーターの正しい使い方は「浴びるのではなく、空気を循環させる(送る)」です。

サーキュレーターのオススメの置き場所

LIG_h_uwaginuidesuzusi-_TP_V

扇風機のように浴びる目的であれば、置く場所は人の居るところとわかりやすいのですが、サーキュレーターの場合は、どこに置くのが良いのか難しいですよね。

ここでは、何をしたいか?によってオススメの置き場所をご紹介しますヽ(*´∀`)ノ

エアコンのない部屋を涼しくしたい

窓際などなるべく涼しい風がある場所に置き、涼しくしたい場所に向けて置いてください。

体と距離が近い場合は上に向けて、直接風を浴びないようにすると長時間でも安心して使えます( ´∀`)b

サーキュレーターは後ろ側の風を集めて送るので、凍らせたペットボトルや保冷剤などをサーキュレーターの後ろに置くと冷たい風を送ることができます!

エアコンのない部屋へ冷たい風を送りたい

エアコンがある部屋に設置します。

エアコンの風が吹き降りるところに置き、風を届けたい部屋の方に向ければ冷たい風を違う部屋まで送れます。

エアコンがついていないキッチンや洗面台など、短時間だけ涼しくしたい時に便利ですよ!(´∀`*)

エアコンの効率を上げたい

冷たい空気は下に溜まるので、サーキュレーターは上を向けて使ってください。

エアコンの風向きもできれば水平~やや上向きの方が部屋全体が冷えるので、いつもの設定温度より高くしても、十分涼しく感じます。

サーキュレーターの便利なところは、オールシーズン使えるところです!

空気の循環をすごいパワーで行ってくれるので、暖房と併せて使えば冬も活躍してくれます( `・∀・´)ノ

暖房の場合は温かい空気は上に溜まるので高い位置から下に向けて使うと良いですよ!

まとめ

種類もデザインも多様化して羽根の無い扇風機まで登場してしまった昨今。

家電が苦手な方は商品を選ぶだけで一苦労ですよね。

ちゃんと知ればより効果を発揮してくれるので、諦めないで本当に必要なものを見つけてくださいね(´∀`*)

私は暑がりなので、エアコンとサーキュレーターを活用して快適空間を実践しています!

エアコン代も節約できるのでかなりオススメですよ( ´∀`)b

皆さんも、知恵と工夫でお得な快適空間を実践してみてくださいヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)