シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ゆで卵の簡単なむき方と作り方!新鮮さと酢の影響とは?

ゆで卵のむきやすさには鮮度が影響!?
お酢との意外な関係とは!?
ゆで卵と半熟卵の上手な作り方と綺麗にむくコツをお教えします!

ゆで卵・半熟卵の簡単も作り方もマスターしてください☆
ゆで卵っておいしいですよね(´∀`*)
夏は冷やしてマヨネーズをかけてかぶりついたり、サラダに乗せてもいいですね。

ちょっとコツのいる半熟卵は夏場に多く登場する麺類のトッピングとしても役立ちますよ( ´∀`)b

簡単そうで意外と失敗の多いゆで卵ですが、コツさえ掴んでしまえば大丈夫です!

ゆで卵が得意になると他の料理のアレンジにも役立つので便利ですね。

実は私、学生の頃にパン屋でアルバイトしておりましてサンドイッチ用のゆで卵をたくさんむいていました( `・∀・´)ノ
そんな経験を生かして家庭でもできる簡単なコツをお教えします☆

スポンサーリンク

ゆで卵の作り方

その1:

冷蔵庫から出した卵をお鍋に卵を入れて、卵が水に浸かる程度に水を入れる。

その2:

沸騰するまで強火でゆでる。このときに最初の5分くらいお箸でころころ転がすと黄身が真ん中になる。

その3:

沸騰したら弱火に変える。
固ゆでなら15分、黄身の水分多目だと8分~10分程度。

その4:

ゆで終わったらすぐに流水で冷やす。

その5:

触れる温度になったら、水に浸けるか流水をかけながら一気にむく。

ゆで卵の作り方は『水に入れて茹でるだけでしょ』と甘く見ている人が多いですが、意外としっかり工程があるんですよ(^^)

簡単なようで難しい!

ゆで卵の簡単なむき方

ゆで卵の殻をむく時に、一箇所だけ割ってそこからじわじわむくのではなく、卵の殻全体にヒビを入れてください。

細かく割れた殻の下の薄皮を基準にむく方がつるんと早く簡単にむけます( ・∀・)ノ

卵の量が多いとき(だいたい5個以上)はタッパーなどの容器に、卵の2/3が浸かる程度の水と
ゆで卵を入れてシェイクするとあっという間に殻が粉々になって早くむけますよ!

数が少ない時は、手早く先に全部の卵の殻にヒビを入れ割ってしまって、水に浸け冷やしながら一個ずつむくという流れがベストです(´∀`*)

しっかり時間を置いて冷やすのではなく、触れるギリギリの温度で冷やしながら一気にむくのがポイントです!

モタモタしているとむきにくくなるので、他の料理でむくことができない状態なら一旦ゆでっぱなしにして手が空いてから火からおろして冷やした方が良いですよ!

ゆで卵は冷やして時間が経つと剥きにくくなってしまうので、冷蔵庫で冷やしたい場合はむいてから冷やすのがおすすめです。

ゆで卵が綺麗にむける!新鮮さと酢の影響とは!?

PPS_cyakassyokunotamago_TP_V

同じ卵でも新鮮な卵と賞味期限ギリギリの卵ではむきやすさに違いが出るという話を聞いたので、ちょっと調べてみました!

新鮮な方が卵の白身に含まれる炭酸ガスが多いので、ゆでると卵が膨らんで殻にくっつきむきにくくなるそうです(;´∀`)

賞味期限に近い卵はガスが抜けているので、むきやすくなるという理由があったんですね。

ゆで卵と一緒に「お酢」というワードが出てきたので、こちらも気になり調べてみました!

お酢に関してはむきやすさは関係なく、茹でている時に殻が割れ白身が出てきてしまった場合、お水にお酢を入れておくと白身が固まって流れ出なくなるという裏技でした。

見た目を綺麗に作りたい場合保険のような役目ですね(゜ロ゜)

卵の殻の強度にもよると思うのですが、よく割れるという方は試してみてはいかがでしょうか。

半熟卵に挑戦!

ゆで卵より難易度は高めですが、ゆで卵以上にみんなが喜ぶ半熟卵の簡単な作り方をご紹介します!

ここで言う半熟卵とは、白身は固まってゆで卵のようなのに黄身は半熟とろとろ状態
のことです(*´∀`*)

ラーメンなどトッピングの卵に多い状態ですね。

ちなみに、半熟卵は時間との勝負なので、他の料理と同時進行の場合はご注意ください。

では、さっそく作り方です(`・ω・´)ゞ

その1:

卵を冷蔵庫から出して、冷蔵後と常温の間くらいの温度にする。
冷たい卵だとお湯に入れたときに割れる可能性が高いです。

その2:

お湯を沸騰させる。泡がボコボコ出るくらい強めに沸騰させます。

その3:

菜箸やお玉などでゆっくり卵をお湯に入れる。
割れないように優しく入れてください。

その4:

卵を入れたらタイマースタート、時間は6分。
お湯はガラガラ沸騰状態をキープしたままで茹でます。

その5:

最初の3分はお箸でころころ卵を転がす。
白身の強度を保つ為に、黄身を真ん中に寄せるのが大切です。

その6:

6分経ったら、すぐに冷やす。
お湯を流して卵に流水がかかるように冷やしてください。

その7:

触れる温度になったら、優しく手早く殻をむく。
むくコツは先に紹介したゆで卵と一緒です。
黄身が寄っていると白身が割れやすいので気をつけてくださいね。

以上で半熟卵の完成です!ヽ(*´∀`)ノ

できた卵をめんつゆやしょうゆなどに沈めて冷蔵庫で寝かせると自家製味玉もできますよ☆

まとめ

家庭科の調理実習で、最初にやったのがゆで卵だったのを今でも覚えています。

料理の基礎で習ったはずなのに、いつの間にか自己流になってしまい気づけばむきにくいゆで卵に苦戦しているなんてことないですか?

基本に立ち返ればとっても簡単でアレンジしやすいのがゆで卵です☆

ぜひこの機会にゆで卵の見直しと半熟卵に挑戦してみてください( `・∀・´)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)