シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

下痢が夏になる原因(理由)は?治し方のツボや食事を調査!

お腹の調子大丈夫ですか!?
夏の下痢にはご用心!!

油断できない下痢の予防と対策をわかりやすくまとめてみました!!

下痢が夏になる原因(理由)って何でしょうね?

下痢が長引く方も治し方知ると変わるかもしれません。
ツボや食事の方法なども調べております。

夏になるとエアコンの効いた涼しい部屋で過ごしたり、アイスを食べたり、お腹を出して寝てしまったりと下痢になる原因は色々あると思います!

しかも、トイレはエアコンがない事が多いから暑いですよね。(;・∀・)

夏の暑い時にトイレで苦しまなくて済むように、早めの予防と対策でこの夏を乗り切りましょう( `・∀・´)ノ

スポンサーリンク

下痢とは

下痢とは、便の水分量が多くなり、液状に近い状態のものを指します。

医学的には1日の便の水分量が200㎖以上とされていますが、一般的には液体に近い状態になれば下痢と言われます。

ちなみに、下痢ほど液体ではなく泥のような状態を「軟便」と表現することもあります。

お医者さんに症状を伝える時には、下痢と軟便のどちらに近いかも大切なので、トイレでいつもと違うと感じたら便をチェックしてくださいね。( ´∀`)b

下痢になる原因(理由)は?

大きく分けて、以下の2つが原因です。

1.病気が原因の慢性的な下痢
2.食べ過ぎや食中毒など
 突発的な理由で起こる急性の下痢

夏場に注意したいのは急性の下痢なので、今回はこちらに絞ってお話します!(´∀`*)

夏場の急性下痢の原因

下痢は、何らかの要因で消化吸収の働きをする胃腸に異常が発生し「悪いもの」と認識された食べ物などを体の外へ押し出そうとして起きます。

つまり、自分の体を守る為の防衛反応なのです(`・ω・´)ゞ

要するに体に悪い行動や悪いものを食べれば、体を守る為に下痢になる!
ということです。

では、もう少し詳しく原因と併せて対策をご紹介します( ・∀・)ノ

環境に注意!

原因:冷房の効きすぎなどで体が冷える。
寝冷え・お腹を出して寝るのも注意。

対策:体が冷えないように上着や、空調で調整してください。
また、寝ている間に室温が下がり過ぎないように設定したり、冷えから体を守る服装で
寝ることも大切です。

飲み食いに注意!

原因:暴飲・暴食・冷たい飲み物や食べ物の過剰摂取。
食中毒や水あたり。

対策:暴飲・暴食をしないのはもちろん食中毒や水の飲み過ぎにも注意が必要です。

体調に注意!

原因:ストレスや夏バテなどで体の機能の低下が原因で起きる。

対策:暑さでいつも以上に体調が悪化する危険があります。
食べ物や環境に原因が見当たらない。
下痢は体からのSOSかもしれません。
夏は特にバランスの良い食事や、ストレス解消など、心と体の健康を心掛けてください。

夏の下痢の治し方(ツボ)や対処法!

どんなに対策をしても、下痢になってしまう場合もありますよね。

そんな時の対処法をお伝えします!

食中毒など感染が原因の下痢

本当に体に悪いものを出さないといけないので無理に止めないで、全部出してしまいましょう!( ´∀`)b

冷えや暴飲・暴食など感染以外が原因の下痢

市販の下痢止め(腸内環境を整える薬)があれば飲んで大丈夫です。
冷えの場合はお腹を温めるのも有効です!

下痢になった時の注意点

本来は吸収しなければいけない水分が出てしまうので、脱水症状になる恐れがあります。
スポーツドリンクなど、できればあまり冷えすぎていないものをしっかり飲んでください。

夏場のトイレは熱中症にも注意です。
暑い中にずっと居ることになると室内でも熱中症になります。

換気があれば必ず空気の流れを確保し、水分を補給も心掛けてください(`・ω・´)ゞ

もしも、トイレで手が空いていればおへそ周りのツボも効果があるかもしれません。

おへそを書き始めとして、向かい合った人から見て「の」を書くようにお腹をゆっくり擦ります。

ちょっと指に力を入れてお腹の中の悪いものを押し出すお手伝いをするような感覚です。

余裕があれば試してみてください(*´∀`*)

夏場は特に体力が落ちやすいので、大丈夫だと思っても重症化してしまう恐れがあります。

下痢になってしまった場合は、どんな原因でも不安に感じたら、無理せずお医者さんに行ってくださいね!(´∀`*)

夏の下痢に良い食事は?

OZP85_yabeeonakaitai_TP_V

消化の良いもの、お粥やうどん、やさいのスープなどがおすすめです。

胃腸が弱っているので、ゆっくりと良く噛んで食事をするように心掛けてください。

また、冷たいものや熱いものなど刺激は避け、適度に温かいスープやみそ汁なども胃腸に優しく、回復を助けてくれます。

下痢が治ってきたからと言って、油断して食事を取ると、また下痢を起こす可能性があります。

便の状態が戻るまでは、ゆっくりとした食事のペースで、徐々に量などを普段に戻すようにしてください( `・∀・´)ノ

まとめ

下痢を経験したことが無い人は少ないと思います。

だからこそ、油断して重症化する恐れもあります。

夏は特に体調に注意が必要です。

そうは言っても、楽しい事がいっぱいの夏休み、頑張りすぎて下痢になってしまうこともあるでしょう。ヽ(;´Д`)ノ

事前に原因と対策を知っておくことで、苦しい時間をより短くできるはずです。

楽しい夏にする為に、夏は特に、体がバランスを崩しやすいことを理解して、いつも以上に体に優しい生活を心掛けてください((o(´∀`)o))

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします(^^)